お知らせ
ジ・オープン・モギ 宅建模擬試験

かぼちゃの馬車はなぜ壊れたのか(中) 仲介業者と融資銀行は何を 改ざん、二重契約など悪質

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 かぼちゃの馬車のビジネススキームは、シェアハウスを1棟建てて、サラリーマンなどに売る。スマートデイズはこれを借り上げ、サブリース事業を行い、家賃収入をオーナーに支払うというもの。その際、一定期間の賃料保証を行う点とそのことについてしっかりとした説明がなされていないなどは、他の会社でも問題になっているサブリース事業の問題と似ている。また、シェアハウスを舞台にしたサブリース事業であるが、前回見たように、シェアハウスの体をなしていない物件なので入居率が低く、サブリース事業を展開し得なかった。そして、更なる問題がこのスキームには潜んでいた。 (近藤隆)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています