お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

柔軟な働き方を模索 不動産流通会社など 大手、中小とも働き手目線で

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 「働き方改革関連法案」が閣議決定され、国会に上程された。残業時間の抑制や高度プロフェッショナル労働制について議論が戦わされることになる。一方、住宅・不動産会社もまた、自社の中で労働制度の見直しや新しい制度の創設などを積極的に行っている。それは、社員の健康やモチベーションの維持など様々な理由によるが、社員の立場に立った制度づくりがなされているようだ。不動産流通業を中心に、働き方について、各企業の取り組みを追った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています