お知らせ
ホームステージング

「阪急阪神不動産」4月設立 阪急阪神HD不動産事業の中核に

この記事を読むのに必要な時間:約1分

阪急阪神ホールディングス(HD)グループは4月1日付で、不動産事業を再編し、中核会社として新たに阪急阪神不動産(株)(現阪急不動産(株)を商号変更)を設立する。本社を大阪市北区に置き、資本金は124億2600万円(阪急阪神HDが100%出資)、社長には阪急電鉄専務取締役で阪急不動産取締役の若林常夫氏が就任する。 他の主要役員は次の通り。代表取締役副社長に阪神電気鉄道常務取締役・久須祐輔氏と阪急不動産社長兼阪急電鉄取締役・諸冨 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています