お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します

シェルター(山形市)、木質部材を拡充 「3時間耐火」取得へ 木造高層ビル現実味増す ひねりも自在、デザイン多様に

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 木造の高層ビルが可能に――。山形市に本社を置く木構造メーカーのシェルター(木村一義社長)は近く、木質耐火部材「クールウッド」で、3時間耐火の国土交通大臣認定を取得する予定だ。取得できると、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に限られていた高層建築物に、木造を取り入れることが可能となる。更に、別の部材として、曲線やひねりのある「フリーウッド」も開発した。デザインの自由度も高まり、今後、木造建築の可能性は一段と広がりそうだ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています