お知らせ

本紙連載「全国市街地の変遷」に見る地域活性化 バブル崩壊から続く模索 目指すは「コンパクトシティ」か 少子高齢化、速い変化にどう対応

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 地方創生と大上段に構えるまでもなく、地域活性化はそこに暮らす人々にとって「永遠のテーマ」である。バブル崩壊から四半世紀が経過した今、過疎が進んだ地方だけでなく、人口集中が進む、過密都市でも少子高齢化の問題が噴出。今後数十年は、むしろ都市部の方が深刻の度合いが高まるとさえいわれている。本紙で連載中の「日本不動産研究所、全国市街地の変遷~昭和の遺産から次代へ」をヒントに各地の活性化への取り組みと流れなどを探った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています