お知らせ
住宅新報社の受験対策講座

土浦にサイクルリゾート JR駅ビルを用途転換 アトレが3月に開業

この記事を読むのに必要な時間:約1分

JR東日本グループのアトレ(東京都渋谷区)は3月下旬、茨城県土浦市有明町にあるJR土浦駅の駅ビル「ペルチ土浦」をコンバージョンし、日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre(プレイアトレ)」としてオープンする。 全長180キロのサイクリングコース「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のスタート地点に、サイクリングを楽しむためのベースキャンプを第一弾として地下1階地上1階部分に開設する。その後、順次施設を拡充し、自転車と24時間一緒に過ごすことができるカジュアルで居心地のいい「サイクルホテル」を開業して完成するのは19年秋以降。 建物は地下1階地上6階建てで、延べ床面積は約1万7400m2。 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています