お知らせ
第2回宅建マイスター認定試験

楽天LS 民泊で運用代行サービス 事業者、宿泊利用者に安心感を

この記事を読むのに必要な時間:約2分

楽天LIFULLSTAY(以下楽天LS、東京都千代田区、太田宗克社長)と楽天(東京都世田谷区、三木谷浩史会長兼社長)は法人・個人を含む不動産オーナーを対象に、民泊、簡易宿泊所向けのブランディングと運用代行サービス「RakutenSTAY」の提供を開始した。サービスの申し込みは法人が11月29日から、個人が18年1月をめどに受け付けを開始。11月29日には東京都中央区のザ・グラン銀座で会見を開いた。 会見に臨んだのは、楽天常務執行役員・ライフ&レジャーカンパニープレジデントの武田和徳氏、楽天LSの太田社長、サービス提供でリフォームやリノベーションなどを受け持つLIFULL(東京都千代田区)の井上高志社長の3者。 「RakutenSTAY」は特区民泊、住 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています