お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

住宅賃借人保護を強化へ 家賃債務保証業者、登録始まる

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 改正住宅セーフティネット法に関連し、10月25日に「家賃債務保証業者登録制度」(以下、登録制度)が開始され、1カ月余りが経過。全国で2百数十社が家賃債務保証業を営む(以下、保証業者)と見られる現状で、「大手を中心に30社弱が登録を申請している」(国土交通省)。国交省にはいまだ、保証業者から「書類の書き方や申請方法が分からない」などの問い合わせがあるといい、また一方で、「登録にメリットを感じられない」といった声が一部で上がり、今後の登録の進展が注目される。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています