お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

来年元日施行へ向け意見募集を開始 低額物件の報酬告示改正へ 400万円以下の上限18万円に

この記事を読むのに必要な時間:約1分

国土交通省は空き家などの低額物件に関して宅建業者が受けることのできる報酬額について、報酬額に関する告示の一部を改正する案を作成し、意見募集に入った。順当に行けば12月中に一部改正の告示を公布し、18年1月1日に施行する予定。改正案では、400万円以下の空き家の売買または交換の媒介・代理に関する報酬額について、現地調査などの特別に係る費用を含めて18万円とその消費税を上限とする規定を創設する。 空き家は今後も更なる増加が見込まれ流通の促進 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています