お知らせ

一般財団法人日本不動産研究所(25) 全国市街地の変遷 ――昭和の記憶から次代へ 長野県大町市・整備事業再開される松糸道路 アクセス改善で工業、観光への期待 新たな需要掘り起こしへ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

北アルプスの玄関口 大町市は、長野県北西部に位置する人口約2.8万人の都市で、市西部には3000メートル級の山々が連なる北アルプスが広がり、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口としても知られている。日本海に面する糸魚川と松本とを結ぶ糸魚川街道(古くは千国街道、塩の道)の中間地に在り、近隣から産出された麻類や、日本海から運ばれる海産物、塩などの物資が集積する商業都市として栄えてきた。 昭和初期に、昭和アルミニウム工業所(現昭和電工)が工場を稼動。日本で最初のアルミニウム生産に成功すると、大町市は「アルミニウム発祥の地」と呼ばれるようになった。1936年には大町紡 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「全国市街地の変遷」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています