お知らせ

長屋でグッドデザイン賞 〝旗竿地〟でも開放感演出 アスコット 収益物件として投資家に販売

この記事を読むのに必要な時間:約2分

マンション開発のアスコット(東京都渋谷区、加賀谷愼二社長)はこのほど、東京都渋谷区に建設した長屋形式の賃貸住宅「FARE代々木上原」で、17年度グッドデザイン賞を受賞した。四方を建物に囲まれた旗竿敷地(今週のことば)ながら、階高や開口部の位置を工夫することで開放感のある居住空間をつくり出した点が評価された。 同物件は、京王井の頭線の「駒場東大前」駅から徒歩11分の住宅地に立地する。地上3階建てで、1階がロフト付き(20m2、5戸)、2階と3階が内階段でつながるメゾネットタイプ (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています