お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

多賀町、黒滝村と協定 住金機構近畿

この記事を読むのに必要な時間:約1分

住宅金融支援機構近畿支店は、市町村などの独自制度と併せて、UIJターン・定住する若年世帯のマイホーム取得をローン金利引き下げで支援する機構新事業「フラット35・子育て支援型」について、滋賀県多賀町、奈良県黒滝村と相次いで事業協定を結んだ。 同機構が行っている17年度の地方創生目玉事業の一つ。フラット35の融資金利を優遇し、子育て支援やUIJターンなど地域おこし・活性化策を行う地方公共団体の施策を後押し、若年世代などの定住を促す。多賀町は「若者新築等住宅取得支援」「若者世帯多世代同居支援」、黒滝村も「若者定住促進のための住宅新増改築等支援金事業」の独自補助事業を行っており、フラット35金利の引き下げで住宅取得時の負担一層軽減する。引き下げ幅は当初5年間0.25%。 多賀町、黒滝村と (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています