お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

江古田の杜プロジェクト 持続可能な地域を目指す UR・積水ハなど 東京中野区最大級の開発

この記事を読むのに必要な時間:約2分

都市再生機構(UR都市機構、中島正弘理事長)、積水ハウス(大阪市北区、阿部俊則社長兼COO)、医療法人財団健貢会・総合東京病院(東京都中野区、渡邉貞義院長)の3者で構成する江古田三丁目地区まちづくり協議会は10月25日、総合東京病院B棟のホールで「江古田の杜プロジェクト」のプレス発表会を開いた。 同プロジェクトはA街区(グランドメゾン江古田の杜、敷地面積1万7740m2)、B街区(総合東京病院B棟、同6000m2)、C街区(プライムメゾン江古田の杜、同1万5790m2)と、中野区最大級の規模の開発。「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」がコンセプトだ。テーマには、多世代・子育て、緑、防災、健康・スポーツを掲げている。 江古田三丁目地区の国家公務員宿舎の跡地(約4.4ヘクタール)をUR都市機構が08年3月に取得。同協議会は15年3月に設立され、3者協働でプロジェクトは進められた。 発

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています