お知らせ
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

一般財団法人日本不動産研究所(24) 全国市街地の変遷 ――昭和の記憶から次代へ 長野市・善光寺のお膝元商店街、再興なるか 空洞化歯止めへ大型商業計画が浮上 地区特性生かし事業化へ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

商業の中心は駅前に 長野市は、国宝善光寺の門前町として平安の昔から全国に知られたまちで、北国街道の宿場町も兼ねた商業都市、観光都市として発展してきた。人口は約38万人で、中心市街地は北陸新幹線長野駅から善光寺に至る十八丁(約1.8キロ)の善光寺の表参道(中央通り)沿いを中心に形成されている。 現在、長野市の商業の中心は長野駅前で、15年3月に建て替えられたJR新駅ビルや再開発ビル、デパート、ホテル等の商業施設が集積している。中央通り沿いに (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「全国市街地の変遷」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています