お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

マリオン福田敬司社長に聞く 個人向け小口化投資商品に新サービス 金融技術でSBIと提携

この記事を読むのに必要な時間:約3分

個人向けに13年前から不動産特定共同事業法(不特法)に基づく小口化商品を手掛けているマリオン(東京都新宿区、福田敬司社長)は、12月1日の改正不特法施行を見据え、新たな商品や仕組み作りを進めている。インターネットを使って契約までの手続きを完結させると共に、対象不動産の入居率・収入率といった投資判断に必要な指標をリアルタイムで開示していく予定だ。10月初旬には、金融サービス分野に強いSBIホールディングスと業務提携の基本合意契約を結んだ。福田社長に、提携の狙いや今後の事業展開を聞いた。 ――今回の不特法改正で契約のオンライン化が可能となる。 「当社 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています