お知らせ
ゼロから宅建士スタートブック
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

長谷工 BIM活用で新ソフト マンション全住戸をVR内覧 パナソニックと共同開発

この記事を読むのに必要な時間:約2分

マンション建設大手の長谷工コーポレーションはこのほど、パナソニックエコソリューションズ社と共同で、建築物データベースであるBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)から、直接3次元CG化する新ソフトを開発した。 新ソフトの名称は「長谷工オリジナルBIMビューワー」。これにより、従来よりも迅速かつ安価にマンションの全住戸を3次元CG化できるという。そのCG化したデータは、VR(バーチャルリアリティ)内覧などに活用可能で、販売センターでの営業ツールとなる。同社では今後、自社で設計・施工する物件の事業主に対し、導入を提案していく予定だ。 これまでにもマンション販売現場でVR内覧は活用されてきたが、製作コ (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています