お知らせ

日管協 新たな可能性を創る シェアリング事業者協を設立へ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

日本賃貸住宅管理協会(日管協、末永照雄会長)は3日、18年5月に新たな組織として、「シェアリングエコノミー事業者協議会(仮称)」を設立することを明らかにした。賃貸管理会社と、ITや民泊などシェアリングエコノミー(今週のことば)事業者の「懸け橋となる組織」(塩見紀昭副会長)で、ベンチャー企業などの先進技術を建物管理に取り入れ、賃貸市場に新たな可能性を創造する。 新しい発想に着目 空き家や空き地問題の有効策が見つからない中、こ (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています