お知らせ
公認不動産コンサルティングマスターを目指そう!公益財団法人 不動産流通推進センター

空き家という「社会問題」を問う 比較・再検証の現場から 「住調」データは正確なのか

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 住宅・不動産業界において、近年最も社会的関心を集めている事柄の一つ「空き家問題」。そのきっかけは、総務省が13年に行った「住宅・土地統計調査」(住調)の「全国の空き家は計820万戸、空き家率は13.5%で過去最高」という数字だ。しかし現在、リクルート住まい研究所の宗健(そう・たけし)所長による、この「問題」への反論が注目を集めている。宗所長の論文から、空き家の実態を追う。(佐藤順真)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています