お知らせ
住宅新報社の宅建受験対策講座

楽天LS 民泊サイト最大手「HA」と提携 インバウンド活性化 空き家バンクと連携も

この記事を読むのに必要な時間:約2分

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULLSTAY(東京都千代田区、太田宗克社長)は7月3日、エクスペディアグループで世界最大級の民泊サイトを運営するホームアウェイ(米国テキサス州、ジョン・キムCEO)と民泊事業における業務提携を締結した。同日、両社は東京・大手町で共同記者会見を開き、国内民泊施設の開拓と海外でのマーケティング強化を図り、インバウンドの活性化を目指すと発表した。 楽天LSは楽天とLIFULLが共同出資する子会社。一方、ホームアウェイは世界190カ国、200万件以上のユニークな物件を予約できる民泊サイトを展開し、月間サイト訪問者数約4000万人、年間取扱高は約1.5兆円に上る。「一棟貸し」物件に特化し、地方やリゾート物件を好むユーザー (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています