お知らせ
公認不動産コンサルティングマスターを目指そう!公益財団法人 不動産流通推進センター

バンコクでマンション分譲 阪急不 現地セナ社と合弁設立

この記事を読むのに必要な時間:約1分

阪急不動産(大阪市北区、諸冨隆一社長)はこのほど、タイでマンション分譲事業に進出するため、現地の上場不動産ディベロッパーであるセナ・デベロップメント(バンコク、シラワット・パンニャラクパークCEO)と合弁会社を設立した。出資比率は阪急不が49%、セナ社が51%。今後、バンコクを中心に分譲事業を展開する。 セナ社はこれまで、バンコクと周辺で約1万1000戸のマンション供給実績がある。ミドル層向け住宅開発に豊富な経験を持ち、またタイで初めてソーラー発電付き住宅など環境に配慮した開発でも知られているという。 一方、阪急不は関西や首都圏中心に「ジオ」ブランドのマンションを展開。「中長期的な成長に向けた新たなマーケットの開拓」と (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています