お知らせ
公認不動産コンサルティングマスターを目指そう!公益財団法人 不動産流通推進センター

都宅協と全日東京 小池都知事に予算要望 空き家対策、無電柱化推進など

この記事を読むのに必要な時間:約2分

東京都宅地建物取引業協会(都宅協、瀬川信義会長)と全日本不動産協会東京都本部(全日東京、中村裕昌本部長)は12月19日、東京都の小池百合子都知事に17年度東京都予算に対する要望書をそれぞれ提出した。 東京都は12月中旬に東京都医師会や築地市場協会など各種の団体からヒアリングを行っており、都宅協と全日東京はそれぞれ、小池都知事や局長らと意見交換をした。 都宅協は、(1)空き家所有者情報の開示、(2)木造密集地域解消と改善対策に対する支援、(3)無電柱化推進策への支援――を要望。特に無電柱化については、小池都知事が衆議院議員時代から取り組んでいた (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています