お知らせ
競売不動産取扱主任者試験
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

価格上昇で転機迎えた首都圏マンション市場 新築、春商戦が正念場 契約率低下傾向続く 中古「ほぼ上限」との指摘も

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 マンションの価格上昇が止まらない。建築費や用地費などのコスト高を背景にした新築に引っ張られるように中古物件も上昇している。「高止まり」の影響から、首都圏における1月の新築マンション契約率は、7年6カ月ぶりの低水準となった。今後も高止まりは続きそうだが、「春商戦」が正念場となりそうだ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています