お知らせ
ゼロから宅建士スタートブック

土壌汚染土地の活用促進 土地再生推進協会 光成美紀代表理事に聞く 4段階認証で利用幅広がる 〝共通の物差し〟目指す

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 自然由来の土壌汚染がある土地や管理された汚染土地などを、欧米のように積極利用しようという団体が本格稼働する。一般社団法人土地再生推進協会(東京都港区、光成美紀代表理事)。土地所有者、利用者、売買当事者などに〝共通の物差し〟となる4段階の認証を行い、万一のための保険、土壌汚染対策等の事業性評価も行う。光成代表理事に協会の活動を聞いた。  (柄澤 浩)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています