お知らせ

免税事業者の価格転嫁 上限額が引き下げに

この記事を読むのに必要な時間:約1分

国土交通省はこのほど、宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方(ガイドライン)を改正し、消費税の免税事業者が報酬額の一部として受領できる仕入れに係る消費税相当額の変更を記載した。 宅地建物取引業者で消費税の免税事業者が媒介などを行って報酬を受領する場合、物件を仕入れる際に、相手の業者が課税事業者であれば、報酬として消費税相当額を支払っている。その分についてはコスト上昇要因として価格に転嫁できるというのがこの考え方。受け取る金額は報酬の一部となる(消費税などとして受領するのではない)。 これまで告 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています