お知らせ
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

500戸超のシニア分譲、芦屋で完売 契約者の特性は? 住み慣れた街にこだわらない ハイネスコーポが分析

この記事を読むのに必要な時間:約2分

兵庫県芦屋市で販売が進んでいた西日本最大級、総戸数503戸のシニア向け分譲マンション、「ザ・レジデンス芦屋スイート」が9月までに全戸完売した。販売業務を行っていたハイネスコーポレーション(大阪市中央区)が同物件契約者の属性を通じて、高齢者の住まいニーズを分析した。それによると、シニア分譲マンション購入者は、住みなれた街にこだわらないことなどが明らかになった。 契約者503件の従前の居住地を調べると、芦屋 (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています