お知らせ

長寿社会への一手 ハイネスコーポレーション シニア向けマンションに活路 大手との「協業」も視野に 西澤一二常務取締役

この記事を読むのに必要な時間:約3分

長寿社会の到来で毎年高齢者人口が増加する中、「老後を安心して暮らせる住環境をどう確保するか」が重要な課題となる。そうした顧客の漠然とした不安を解決する手法の1つとして、シニア向け分譲マンションを積極的に提案しているハイネスコーポレーション。今後の展望について西澤一二常務取締役に聞いた。 ■「家族型」から脱皮 ――今後の (続く)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています