お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

家賃補助が受けられる「新・住宅セーフティネット制度」は新婚・子育て世帯、高齢者など幅広い世帯が対象。普及すれば、若者や高齢者に優しい賃貸市場が期待できる

民間賃貸が担う〝あんしん社会〟 新・セーフティネット法が始動 改修費と家賃補助に関心集まる 準公営住宅として登録

 民間賃貸住宅の空室や一戸建ての空き家などを活用した〝準公営住宅制度〟とも呼ぶべき新たな「住宅セーフティネット制度」が始まった。住宅弱者の入居を拒まない賃貸住宅としてオーナーや事業者が都道府県などに登録する。登録に際し改修に要した費用は戸当たり最大100万円(国費)を補助する。低額所得者(政令月収15万8000円以下)が入居する場合は月額最大4万円の家賃補助も行う画期的制度だ。  続きを読む >>

政策

10月31日号

政策

総合

マンション・開発・経営

賃貸・管理

マンション管理

売買仲介

資格・実務

住まい・暮らし・文化

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています