お知らせ
住宅新報社の宅建受験対策講座
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

過去5年間の貸家着工戸数 (棒グラフの左が全体戸数、右が貸家の着工戸数)

過熱するアパートローン ――金融機関と住宅メーカーに警鐘 事業性の見極め必要

 金融機関が個人による貸家業に融資する資金、いわゆるアパートローンの貸出残高がこのところ増え続けている。それにより、貸家の着工が増加しており、貸家の着工戸数が全体の半数近くとなっている。理由は相続税対策やローン金利の低下にあるが、新築の貸家が増えることで空き家が増加しているほか、オーナーが求めていた家賃収入ラインを下回り、事業継続に暗雲が広がるケースも出てきた。金融庁も実態調査に乗り出すなど問題化しているアパートローンについて追った。  続きを読む >>

政策

4月18日号

政策

総合

投資

マンション・開発・経営

営業・データ

賃貸・管理

マンション管理

人事

売買仲介

資格・実務

住まい・暮らし・文化

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています