お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

高所得層の住宅購入事情 平均年収トップは中央区 アルヒ調べ

 アルヒ(東京都港区)は、同社の年収にかかわらず利用しやすい住宅ローン「フラット35」の利用者の成約データから都内高所得層の住宅購入事情について調査を行った。
 調査結果によると、都内の住宅購入者の平均年収が高いエリアは、1位が中央区、2位が港区、3位が渋谷区。
 1位の中央区の住宅購入者は平均年齢40・9歳と東京都の平均よりやや高め。夫婦2人世帯と単身者が31・73%と同数で最も多く、両者を足すと6割超にも及ぶ。また、1割以上が上級管理職だった。2位の港区では平均年齢37・3歳で他のエリアより低く、単身者と夫婦と子供の世帯が35・29%と同数で最多。ほとんどが中古マンションを購入したという。3位の渋谷区では購入者のおよそ4人に1人は女性で、半数以上が単身者だった。
 なお、調査期間は17年1月1日~12月31日。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています