お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します

18年地価公示 全国住宅地が10年ぶり、地方圏商業地は26年ぶり上昇

 国土交通省はこのほど、18年地価公示を発表した。18年1月1日時点の地価公示は全国平均で0・7%上昇。17年を0・3ポイント上回る上昇率で、3年連続での上昇となっている。
 全国の動向を見ると、住宅地の平均変動率が0・3%上昇(前年は0・0%)となり、10年ぶりに上昇へと転じた。また商業地は1・9%上昇で、全用途平均と同様に3年連続の上昇だった。
 また地方圏では商業地が0・5%上昇で26年ぶりに上昇に転じ、住宅地は0・1%下落(前年は0・4%下落)と下落幅が縮小。全用途平均では0・0%となり、26年ぶりに横ばいへと転じた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています