お知らせ
ジ・オープン・モギ 宅建模擬試験

不特共同事業の投資不動産商品を運用開始 レオパレス21

投資対象不動産「LOVIE銀座東」の外観

 レオパレス21は、任意組合型スキームを利用した不動産特定共同事業商品である「LOVIE第二号」に関して、3月8日に総額14億円で組成を完了し、運用を開始した。投資対象不動産は東京・銀座に立地する賃貸住宅「LOVIE銀座東」で、エントランスに「顔認証システム」を導入するなど、最新のIoT機器を備えている。

 運用期間中の収入は出資口数に応じて定期的に分配し、運用終了後は物件を売却してその収益も分配する。任意組合型は、出資口数に応じて対象不動産の持ち分を保有することから、実物不動産と同様に相続税の節税効果にも期待できる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています