お知らせ
ホームステージング

2月9日に復興支援活動でさくらを植樹 大東建託

 大東建託グループの従業員と会社の共同基金である「みらい基金」は、福島や東北の復興活動の一環として、復興のシンボルである新種の桜「はるか」の植樹を、2月9日に同社の品川本社敷地内で実施する。

 「はるか」には、復興を応援するシンボルとして「はるかかなたの未来にまで広がってほしい」との想いが込められている。20年後に成木となり、未来へのメッセージを同社社員に募り、苗木と一緒に地中に埋める予定。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています