お知らせ
スマート物確  24時間365日、人の代わりに物件確認を自動音声が対応します

鋼管杭で新工法を開発、施工コスト抑える 大東建託

DK―SSパイルの断面図

 大東建託は2018年1月から、新たに開発した同社オリジナルの鋼管杭工法「DK―SSパイル」の運用を開始する。9月8日に国土交通大臣認定を取得している。

 2013年に開発した「DK―Sパイル」工法の仕様を拡充。鋼管杭経と先端翼経のバリエーションを増やしたことで、幅広い地盤に対応でき、主に狭小地に多い中層鉄筋コンクリート建物では施工コストを抑えられるといい、更なる競争力の強化を図る。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています