お知らせ
中古でリノベで新たな顧客を獲得して収益UP!

物件の災害リスクを可視化 イエシルコネクト提供開始 リブセンス

 不動産情報サービス「IESHIL(イエシル)」を運営するリブセンスはこのほど、測量業のアジア航測と共同で、地震・洪水などの災害リスクなどが物件ごとに検索、閲覧できる不動産ビジネスパーソン向けの営業ツールの提供を開始した。
 同ツールは、「IESHIL CONNECT(イエシルコネクト)」(ベータ版)で、イエシルの約27万棟の物件データとアジア航測の80億件の災害データを活用し、価格査定とともに総合的なリスクを可視化したもの。両社では、日本各地での災害激甚化に伴い、地震、洪水、液状化などの災害リスク情報に対する消費者ニーズは高まり続けており、リスクも含めた物件情報を可視化する新たな不動産情報サービスを提供したとしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています