お知らせ
競売不動産取扱主任者試験

住まいの「買いどき感」減少 リクルート調査

 リクルート住まいカンパニーは、3カ月ごとに実施している、6月度の「住まいの買いどき感」に関する調査結果をまとめた。「買いどき」と感じている人は全体の16・7%で、3カ月前の前回調査よりも0・5ポイント、前年同期に比べても1・6ポイントそれぞれ減少した。

 住み替え検討者の買いどき感も同様に減少したが、現在の持ち家住宅の大規模リフォームの検討者は55・4%で前回調査よりも0・6ポイント増加。買いどきと感じる理由の1位は「消費税率の引き上げが予定されているから」、2位は「お金が借りやすいから」、3位は「景況感が上昇しているから」だった。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています