お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

サンケイビルと三菱倉庫がオフィスビル開発に着手、初の共同事業へ

 サンケイビル(東京都千代田区、飯島一暢社長)と三菱倉庫(東京都中央区、松井明生社長)がこのほど、初の共同事業として東京・日本橋のオフィスビル「(仮称)S-GATE日本橋本町」の開発に着手した。サンケイビルが開発・運営するミッドサイズオフィスビル「S-GATE」シリーズの一つとして、18年10月末の竣工を予定している。
 予定建物の敷地面積は約950平方メートルで、延べ床面積は約8530平方メートル。構造は鉄骨造一部鉄筋コンクリート造の地上11階建て。設計・施工は鴻池組が担当する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています