お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

新設住宅着工戸数、16年度は97万戸 国交省

 国土交通省の調べによると、16年度の新設住宅着工戸数は97万4137戸だった。前年比は5・8%増で2年連続の増加。08年のリーマンショック後は、12年度に次いで2番目に高い数字となった。
 地域別に見ると首都圏が34万3148戸(前年比7・9%増)、中部圏が10万8451戸(同3・7%増)、近畿圏が14万1981戸(同2・7%増)、その他地域が38万557戸(同5・9%増)と全国的に増加している。
 利用関係別では、持ち家が29万1783戸(同2・6%増)、貸家が42万7275戸(同11・4%増)、分譲住宅が24万9286戸(同1・1%増)と、いずれも2年連続の増加となった。
 分譲住宅のうち、マンションは11万2354戸(同5・1%減)で昨年度の増加から再びの減少。戸建ては13万4700戸(同6・7%増)と2年連続で増加した。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています