お知らせ

賃貸仲介にVR内見システムを導入 東急リバブル

 東急リバブルは3月10日から、VR(バーチャルリアリティ)内見システムを賃貸仲介の一部店舗に導入する。初回導入店舗は青葉台センター、三軒茶屋センター、横浜センター。
 同システムは、自身の動きに連動し、室内を移動しながら周囲全方向の空間をリアルに閲覧できるもの。現地にいるような感覚で物件の内見が可能になる。店頭で複数物件を内見して選別し、現地内見物件を絞り込むことができ、家探しの時間を短縮することができるという。
 また、物件紹介図面に添付されたQRコードを読み込むことで、いつでもモバイル端末で室内のパノラマ画像を閲覧することも可能。同社では、内見の効率化で、顧客満足の向上を目指すとしている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています