お知らせ

不動産複数持ち 3人に1人は空室のまま シースタイル調査

 不動産関連の比較査定サイト「スマイスター」を運営するシースタイルが、所有する不動産の空室率と所有件数による売却事情の違いについて調査したところ、不動産の空室率は全体で16.2%で、複数所有している人では、35.7%と3人に1人が空室のまま所有していることが分かった。また、複数所有している人に空室の活用予定をたずねると、「売却」が64.0%、「貸出」が52.0%と具体的な意欲が高い傾向にあった。
 この調査は、「不動産売却の経験がある、意志がある」という30~60代の全国500人を対象にインターネットで行ったもの。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています