お知らせ

犯収法の一部改正が10月施行 本人確認方法など注意を 国交省が通知

 犯罪収益移転防止法の一部改正が10月から施行されることに伴い、国土交通省は7月11日、不動産業界団体宛てに通知を発出した。
 同法は犯罪による収益の移転防止を図るため、2008年に全面施行。テロ資金供与やマネーロンダリングなどを巡る状況を踏まえて改正され、2014年11月に公布された(改正政省令は2015年9月)。10月1日より施行される。宅建業者の実務に影響のある、政省令を含めた主な改正事項は「顔写真のない本人確認書類の取り扱い変更」「法人の実質的支配者の確認」「法人の取引担当者の確認方法が一部変更」など。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています