お知らせ

自己都合の時差出勤可能に 東急リバブル

 東急リバブルは5月から時差出勤制度の適用範囲を拡大し、業務上の理由だけでなく、自己都合理由でも利用可能とした。
 同社の時差出勤制度は、1日の労働時間8.5時間はそのままで、始業時間を午前6時から午後1時30分までの間で30分単位で繰り上げ・繰り下げ可能とする内容。今回、適用範囲を拡大したことで、保育園や介護施設の送迎、子供の学校行事への参加などに合わせて利用可能となる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています