お知らせ

エネルギー消費性能向上案、可決 大型ビルの省エネ義務化へ

 建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律案がこのほど、参議院本会議で、全会一致で可決した。義務づけを含む規制措置については公布後2年以内、特例適用などの誘導措置については同1年以内に施行される。
 同法案では建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、2000平方メートル以上の非住宅建築物を新築する際の省エネ基準への適合義務と適合性判定を受ける義務、300平方メートル以上の建築物に対する新築・増改築に係る計画の届出義務、エネルギー消費性能の表示、省エネ性能の優れた建築物の新築または増改築に対する容積率特例の適用を定めている。
 また施行にあたっては附帯決議が行われ、戸建て住宅の省エネ基準の義務化に向けた取り組みなどの措置を講じるよう定められた。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています