お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

再生可能エネ法省令を改正 空押さえなど防止 資源エネ庁

 資源エネルギー庁は1月23日、再生可能エネルギー特別措置法施行規則を改正する省令を公布した。一部を除いて1月26日から施行される。
 これまで再生可能エネルギーはすべて原則として受け入れ、500キロワット以上の太陽光などについて年間30日のみ受け入れをしない(出力制御)「30日ルール」をとっていたが、500キロワット未満のものについても出力制御を行えるようにし、きめ細かく行えるよう時間単位で太陽光360時間、風力720時間とする。
 また、太陽光発電に適用される調達価格(買取価格)の決定時期を接続申込時から接続契約時に変更(4月1日から)。接続契約の締結後1カ月以内に工事費用が入金されなかったり、契約上の予定日までに運転しない場合は、接続枠を解除可能とする(空押さえの防止、1月26日から)などが規定された。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています