お知らせ

再生可能エネ 固定価格買取り、運用を見直し 住宅用太陽光は優先的取り扱いに

 資源エネルギー庁は12月18日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の運用見直しについて取りまとめ、発表した。
 最大限再生可能エネルギーの導入を実現するため、適切な出力制御を行いつつ、再生可能エネルギーの接続・導入拡大を進めるとし、出力制御について、現在500キロワット以上の太陽光発電・風力発電に義務付けているものを500キロワット未満の太陽光発電・風力発電にも拡大する。なお、住宅用太陽光発電(10キロワット未満)については、非住宅用太陽光発電(10キロワット以上)を先に出力制御を行うなどすることで、優先的な取り扱いを行う。
 この他、現在1日単位での制御を前提に年間30日まで行える無補償の出力制御について、時間単位での制御を前提とし、太陽光については年間360時間、風力については、年間720時間まで行えるようにする。
 いずれも、12月19日から意見募集を始め、15年1月中旬には改正省令・告示を公布、即日施行の予定。なお、調達価格の決定時期などの改正も15年4月から適用する予定だ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています