お知らせ

GLP 兵庫・西宮市で大型物流開発へ 関西で21棟目

 GLPは7月2日、兵庫県西宮市で大型物流施設「GLP鳴尾浜」の起工式を行った。竣工は2015年8月の予定。同社にとって、関西で所有・運営する21棟目の物流施設となる。

 建設地は臨海産業団地の一区画。神戸港と大阪港の間に位置し、阪神高速道路5号湾岸線の「鳴尾浜IC」から1キロという物流適地に開発される。阪神甲子園駅やJR甲子園駅から定期バスが運行しているほか、周辺には武庫川団地があるため、従業員も確保しやすいという。

 建物は、延べ床面積11万平方メートルの5階建てマルチテナント型施設を計画している。ワンフロア面積は最大1万9500平方メートル。免震構造や、断水・停電時でもトイレを使用できるように地下水供給設備を採用した。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

書籍のご紹介

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています