お知らせ
『耳勉』は、限られた時間の中で効率よく暗記できる暗記促進アプリです。

2018宅地建物取引士受験セミナー記事一覧

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (14) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-16】 都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)第1種低層住居専用地域については、低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため都市計画に少なくとも建築物の容積率、建蔽率 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (13) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-11】 Aが、Bから甲地を賃借し、そこに乙建物を建てて居住している場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。 (1)AがBの承諾を得ることなく、Cに対して乙建物を賃貸し、借地の利用も許容している場合、Bとの関係において、借地の無断転貸となる。 (2)Aが、借地権の存続期間満了前に乙建物が滅失したのに再築しないまま、期間満了時に更新を請求しても、当該契約は更新されない。 (3)Aは、乙建物について、長男名義で所有 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (12) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-6】 相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、別段の慣習はないものとする。 (1)A所有の甲地が、共有地の分割によって袋地(注)となったものであるとき、Aは、償金を払って他の分割者の所有地のみ (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (11) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題2-1】 次の記述のうち、民法の条文に規定があるものはどれか。 (1)意思表示は、意思表示に対応する意思を欠く錯誤であって、その錯誤が法律行為の目的及び取引上の社会通念に照らして重 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (10) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)機構は、貸付けを受けた者が景況の悪化や消費者物価の上昇により元利金の支払いが困難 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (9) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-41】 宅地建物取引業者Aが、自ら売主となって一団の宅地の分譲を行おうとする場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。 (1)Aは、当該分譲地の最寄りの駅前に、現地への案内のみを行う案内所を設置した場合、当該案内所に法第50条1項に規定する標識を掲げる必要はない。 (2)Aは、この販売を案内所を設置して行うこととした場合、当該案内所に法第50条1項に規定する標識を掲げるととも (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (8) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-36】 宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を宅地建物取引士が行う場合における次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。なお、重要事項を説明すべき相手方は宅地建物取引業者でないものとする。 ア建物の貸借の媒介の場合は、建物の売買の媒介の場合と同様に、建築基準法に規定する建ぺい率及び容積率に関する制限があるときはその概要を説明しなければならない。 イ建物の貸借の媒介の場合は (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (7) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-31】 宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 ア宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が、事業の開始後新たに支店を設置したときは、Aの本店の最寄りの供託所に、2週間以内に政令で定める額を供託し、その旨を甲県知事に届け出なければならない (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (6) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-26】 宅地建物取引業法に規定する宅地に該当するものの組合せとして、すべて挙げているものはどれか。 ア都市計画区域及び準都市計画区域外の資材置き場 イ近隣商業地域の土地で道路予定地 ウ田園住居地域内の農地 エ地目は山林であるが、倉庫の敷地に供する目的で取引される土地 (1)ア、イ(2)ア、 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー(5) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-21】 農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものどれか。 (1)相続により農地を取得する場合、その取得 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (4) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-16】 都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 (1)準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の建築物等の建築もしくは建設又はその敷地の造成が現に行われ、又は行 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (3) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-11】 次の記述のうち、借地借家法及び判例によれば、誤っているものはどれか。 (1)平成30年2月1日に堅固な建物を所有することを目的として借地権を設定し、特に期間を定めなかったときは、その期間は30年となる。 (2)借地契約 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (2) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    【問題1-6】 相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。ただし、民法の規定と異なる慣習については考慮しないものとする。 (1)土地の所有者は、境界付近に建物を建てるために必要であれば隣地の住家への立ち入りを請求することができ、もし、 (続く)

  • 2018宅地建物取引士受験セミナー (1) 2018宅地建物取引士受験セミナー

    例年好評をいただいている宅建セミナーを今週号からスタートします。 【問題1-1】 制限行為能力者の行為の効力に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはいくつあるか (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています