お知らせ
住宅新報社の宅建受験対策講座

大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題記事一覧

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(6) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    住宅不動産を活かし、ストック社会形成に貢献 私たちは、2005年の創業以来、「住宅取得が個人の資産形成に直結する社会の実現」を目指して、個人が住宅不動産を納得し安心して取得(購入)、居住(運用)、住替(売却)できる環境をつくることに貢献する、をテーマに活動してまいりました。住宅不動産市場においては、住宅建築、住宅分譲、不動産取引のどの分野においても多かれ少なかれ「情報の非対称性」を背景とした生活者と事業者の対等でない関係があり、そのことが生活者の財産取得、形成からその継承、活用を納得して進める上で大きな障害となっていると考えています。例えば、従前より行ってきた地域の地主や富裕顧客の保有不動産資産にかかわるさまざまな相談に応じるためのコンサルティングスキルと多様なソリューションの提案力を身につけるための事業者ネットワーク「ハイアークラブ」の運営も、住宅不動産市場に横たわる大きな障害を排

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(5) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    全国でもめない相続の実現を目指す ハイアス・アンド・カンパニーが運営する新・不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」は、不動産コンサルティングのビジネス化を目指し、不動産相続に関する知識と顧客の相談に応じるためのコンサルティングスキル、多様なソリューション提案力を備えることで、地域の地主や富裕顧客から自宅や遊休地、収益資産などの不動産資産に関する相談をいただく窓口となる地域密着不動産ネットワークだ。 家計資産の約7割は高齢者層が保有しており、「資産移転市場」という巨大市場の発生が見込まれる。その資産の規模は平均で年間37兆円(12年・日本総研)という試算もあり、不動産資産が動く相続を商機とするべく着々とネットワークを広げている。 「不動産相続の相談窓口」は個人の「もめない相続」の実現を目指しております。通常、個人が相続時の相談先としてイメージを持つのは士業や金融機関とい

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(4) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    先進的な不動産コンサルタント ハイアス・アンド・カンパニーが運営する新・不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」は、不動産コンサルティングのビジネス化を目指し、不動産相続に関する知識と顧客の相談に応じるためのコンサルティングスキル、多様なソリューション提案力を備えることで、地域の地主や富裕顧客から自宅や遊休地、収益資産などの不動産資産に関する相談をいただく窓口となる地域密着不動産ネットワークだ。 家計資産の約7割は高齢者層が保有しており、「資産移転市場」という巨大市場の発生が見込まれる。その資産の規模は平均で年間37兆円(12年・日本総研)という試算もあり、不動産資産が動く相続を商機とするべく着々とネットワークを広げている。 (株)K-コンサルティングの代表取締役・大澤健司氏は、相続マーケットでビジネスを行う不動産事業者のひとり。大澤氏は不動産の売買・賃貸仲介を担当して

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(3) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    住宅・不動産会社が相続市場で果たすべき責務 ハイアス・アンド・カンパニーが運営する新・不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」は、不動産コンサルティングのビジネス化を目指し、不動産相続に関する知識と顧客の相談に応じるためのコンサルティングスキル、多様なソリューション提案力を備えることで、地域の地主や富裕顧客から自宅や遊休地、収益資産などの不動産資産に関する相談をいただく窓口となる地域密着不動産ネットワークだ。 家計資産の約7割は高齢者層が保有しており、「資産移転市場」という巨大市場の発生が見込まれる。その資産の規模は平均で年間37兆円(12年・日本総研)という試算もあり、不動産資産が動く相続を商機とするべく着々とネットワークを広げている。 相続をめぐるトラブルは増え続けています。一般のお客様はそもそも相続についてあまりに無自覚で無防備です。ご家族の永続的な幸せと大切な資

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(2) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    相続マーケットのふたつの誤解 ハイアス・アンド・カンパニーが運営する新・不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」は、不動産コンサルティングのビジネス化を目指し、不動産相続に関する知識と顧客の相談に応じるためのコンサルティングスキル、多様なソリューション提案力を備えることで、地域の地主や富裕顧客から自宅や遊休地、収益資産などの不動産資産に関する相談をいただく窓口となる地域密着不動産ネットワークだ。 家計資産の約7割は高齢者層が保有しており、「資産移転市場」という巨大市場の発生が見込まれる。その資産の規模は平均で年間37兆円(12年・日本総研)という試算もあり、不動産資産が動く相続を商機とするべく着々とネットワークを広げている。 巨大な資産移転市場をビジネスに生かすための起点として「相続」は不動産事業者や建築事業者にとって魅力的なはずです。しかし現実にはこれまで相続を本格的

  • 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題(1) 大相続市場の登場を目前にした住宅不動産業界の課題

    地域の価値を自ら高める業界へ ハイアス・アンド・カンパニーが運営する新・不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」は、不動産コンサルティングのビジネス化を目指し、不動産相続に関する知識と顧客の相談に応じるためのコンサルティングスキル、多様なソリューション提案力を備えることで、地域の地主や富裕顧客から自宅や遊休地、収益資産などの不動産資産に関する相談をいただく窓口となる地域密着不動産ネットワークだ。 家計資産の約7割は高齢者層が保有しており、「資産移転市場」という巨大市場の発生が見込まれる。その資産の規模は平均で年間37兆円(12年・日本総研)という試算もあり、不動産資産が動く相続を商機とするべく着々とネットワークを広げている。 これからの日本では、常に新しい投資をし続け資産を形成する構造のフロー型経済から、蓄えた資産を背景にした豊かさを享受するストック型経済への移行が求め

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています