お知らせ
住宅新報社の受験対策講座

今週のことば記事一覧

  • 今週のことば ICO(1面) 今週のことば

    仮想通貨を利用した資金調達方法のこと。InitialCoinOfferingの略。株式の新規株式公開との違い (続く)

  • 今週のことば ゼロ日規制(1面) 今週のことば

    都道府県や政令市は民泊営業の年間の上限日数を180日以下の範囲で制定できる一方、下限が示されていないため、上限日数を「ゼロ日」に規制して事実上の民泊締め出しを行うこと。ガイドラインでは、上記のような制限は、同法の目的を逸脱するもので適切ではないとしている。 (続く)

  • 今週のことば 不特法事業(1面) 今週のことば

    組合形式で出資を行い、不動産の売買や賃貸による収益を投資家に配当する事業のこと。事業を行うには、国土交通大臣または都道府県知事の許可が必要で、資本金の額、自己資本比率、業務管理者の資格、約款の内容、人的構成等の要件をクリアした不動産業者が (続く)

  • 今週のことば 都市再生推進法人(1面) 今週のことば

    都市再生特別措置法に基いて、地域のまちづくりを担う法人として市町村が指定するもの。まちづくり会社、NPO法人、一般社団・財団法人がなることができ、都市開発事業の実施や支援、まちなかの賑わいや交流創出のための施設整備や管理運営などを行う。 (続く)

  • 今週のことば 農用地利用集積計画(2面) 今週のことば

    市町村が農業委員会の決定を経て農地の売買や貸借内容を示す計画。農地法3条の許可を受けずに農業生産法人などと利用権契約ができる。契約期間終了後は自動的に権利が戻り、所有者は安心して貸すこ (続く)

  • 今週のことば 第二種金融商品取引業(3面) 今週のことば

    金融商品取引業とは、有価証券やデリバティブの販売、投資運用などを業として行うことをいう。第一種は、金融商品取引法2条1項に掲げられる有価証券(株式や社債など)の売買、引き受けなどを行い、第二種は、信託受益権やファンドなどの募集を行うもの。登録が必要である。 (続く)

  • 今週のことば 技能実習生(6面) 今週のことば

    日本で培われた技能、技術などの開発途上地域等への移転を図り、その地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するため外国から受け入れる実習生のこと。新たに技能実習法が施行され、技能実習生の保護の観点から、監理団体の許可制や実習計画の認定制度などが導入された。 (続く)

  • 今週のことば 生産性革命(2面) 今週のことば

    安倍内閣が示した新三本の矢のキーワードの一つ。「稼ぐ力を高める企業行動を引き出す」「新時代への挑戦を加速する」「個人の潜在力の徹底的な磨 (続く)

  • 今週のことば 敷地売却制度(2面) 今週のことば

    耐震性不足の認定を受けたマンションに限定された制度。集会で区分所有者の5分の4以上の多数で、区分所有権を解消し、マンションと敷地を買受人に売却できる。従前 (続く)

  • 今週のことば 旗竿敷地(11面) 今週のことば

    土地の形状が旗の形になっている区画。前面道路の間口に接する部分が狭く、住宅が建築される奥の敷地までは通路と (続く)

  • 今週のことば 不明裁決(2面) 今週のことば

    土地収用法に基づく収用手続きでは、土地所有者などの氏名と住所を明らかにして行うが、土地の境界に争いがあるなどにより、氏名と住所を明らかにできない場合や確知できない場合がある。それらを明らかにしないまま裁決申請の手続などを行うことを認める制度。 (続く)

  • 今週のことば 日本版CCRC(3面) 今週のことば

    CCRCとは、ContinuingCareRetirementCommunityの略で、高齢者が健康なうちに入居し、継続的なケアの提供により、生涯を過ごすことのできる共同体のこと。米国で生まれた考え方。日本版では、大都市圏の高齢者が自らの希望で地方に移り住み、地域づくりを目指す。 (続く)

  • 今週のことば 集団規定(2面) 今週のことば

    建築物個々の技術的規定(単体規定)ではなく、市街地形成など外部環境に影響がある規定。建築物の用途制限、高さ制限、建ぺい率、容積率など建築基準法の第3章に規定されているもので、主に都市計画区域内で適用される。都市計画法と密接な関係がある。 (続く)

  • 今週のことば シェアリングエコノミー 今週のことば

    インターネットを介して、個人などが保有する遊休資産を賃借・売買・提供できる仲介サービス。不動産に関連する空室や空き家、デッドスペースのほか、乗り物、スキルまで多種多様にある。取引には当事者間の信頼関係が欠かせず、民泊ではこうした点から敬遠する家主もいる。 (続く)

  • 今週のことば オウンドメディア 今週のことば

    企業の自社所有(Owned)のメディア。ホームページ、ブログ、ウェブマガジンなどがある。従 (続く)

  • 今週のことば 都道府県地価調査 今週のことば

    都道府県が毎年7月1日現在の基準地の価格調査を実施し、その結果を公表するもの。都道府県の発表に併せて、国土交通省が全国の状況を取りまとめて公表している。国が行う地価公示(1月1日時点)と補完し合い、併せて一般の土地の取引価格 (続く)

  • 今週のことば 公信力 今週のことば

    登記上の表示を信用して不動産の取引をした人に対し、登記名義人が真実の権利者でない場合でも、その権利を取得することが認められること。日本の登記には公信力がないので、不動産を前記の登記名義人から取得しても、真実の権利者に負けてしまうことになる。 関連記事 ――まず売主、所有者の確認徹底―― 取引事故を防げ 「売り急ぎ」「安すぎ」は要注意 (続く)

  • 今週のことば スマートシティ 今週のことば

    IoTなどの先進的技術を駆使して、都市全体のエネルギー構造を効率化し、省資源化を徹底した環境配慮型都市。再生可能エネルギー、高効率なビル・住宅の電気使用などを総合的に組合わせた街づくりが日本でも、「柏の葉」や「けいはんな」などで行われている。 関連記事 国交省概算要求 ・税制改正要望 既存 (続く)

  • 今週のことば ADR(10面) 今週のことば

    裁判外紛争解決制度。両当事者が自由な意思と努力に基づき、お (続く)

  • 今週のことば 賃貸住宅標準契約書(1面) 今週のことば

    賃貸借契約をめぐる紛争を防止し、借主の居住の安定と貸主の経営の合理化を図ることを目的として、国土交通省が作成した賃貸借契約書のひな形。12年に改訂をしている。使用の法的義務はないが、合理的な賃貸借契約のため、同省では関係業界等に対し普及に努めている。 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています