お知らせ
公認不動産コンサルティングマスターを目指そう!公益財団法人 不動産流通推進センター

今週のことば記事一覧

  • 今週のことば 賃貸住宅標準契約書(1面) 今週のことば

    賃貸借契約をめぐる紛争を防止し、借主の居住の安定と貸主の経営の合理化を図ることを目的として、国土交通省が作成した賃貸借契約書のひな形。12年に改訂をしている。使用の法的義務はないが、合理的な賃貸借契約のため、同省では関係業界等に対し普及に努めている。 (続く)

  • 今週のことば (小規模)第2号事業者(2面) 今週のことば

    不特法に定められているもので、投資家からの資金を集めて不動産の購入・運営に当たるものを第1号事業者といい、第1号事業者への出資・配当に係る契約締結の代理・媒介を行う事業者を第2号事業者という。小規模第2号事業者では、地域の不動産業者などが想定されている。 (続く)

  • 今週のことば テレワーク(6面) 今週のことば

    ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間に制約のない柔軟な働き方のこと。テレ(離れた所)とワーク(働く)を合わせた造語。タイプには在宅、携帯端末利用、施設利用の3つがある。ワークライフ・バランスや営業効 (続く)

  • 今週のことば 健康寿命(1面) 今週のことば

    健康上の問題がなく、日常生活を送れる期間のこと。いつまで生きられるのかを示す平均寿命を伸ばすだけでなく、医療費や介護費の家計負担を抑えるため、 (続く)

  • 今週のことば シェアリングサービス(9面) 今週のことば

    個人や企業が保有する遊休資産の貸し出しを仲介するサービスのこと。貸し手は遊休資産から収益を生み出せ、借り手はスマートフォンなどで手軽に利用手続きができ、普及が進んでいる。自動車などのほか、空 (続く)

  • 今週のことば 匿名加工情報(1面) 今週のことば

    特定の個人を識別できないように個人情報を加工し、その個人情報を復元できないようにした情報。利用目的や第三者への提供の制限がなく、一定の取り扱いルールの下で、自由な流通・利活用を促進する。ビッグデータの活用を推進するための制度。 (続く)

  • 今週のことば 略式代執行(9面) 今週のことば

    義務者が行政上の義務を履行しない場合に、行政庁が代わってその行為をするなどして、その費用を義務者から徴収するのが代執行。予め文書で戒告するなどの措置が必要だが、相手が所在不明等の場合、手続きが煩雑になるので、戒告などの手続きを省いて代執行すること。 (続く)

  • 今週のことば ESG投資(2面) 今週のことば

    企業や機関投資家が持続可能な社会の形成に寄与するために配慮すべき3つの要素である「環境、社会、企業統治」を考慮に入れる投資手法。従来型の財務情報だけを重視するのではない手法で、社会や環境を意識した経営戦略が企業価値向上に繋がる動きと対をなしている。 (続く)

  • 今週のことば 家賃債務保証(2面) 今週のことば

    賃借人の委託を受けて、家賃の支払いなどの債務を保証すること。賃借人は保証料を家賃債務保証業者へ払い、家賃債務保証業者は賃借人が家賃を滞納した場合、賃貸人(家主)に対して立て替えを (続く)

  • 今週のことば 相続登記(2面) 今週のことば

    不動産の所有者が死亡した場合に、その不動産の登記名義を被相続人から相続人へ名義変更を行う登記のこと。法定期限などなく、相続登記をしていないからといって過料も発生しない。そのことが将来的な不動産トラブルや行政上の措置の遅れなどを招くとして懸念されている。 (続く)

  • 今週のことば ハトマークグループビジョン(7面) 今週のことば

    ハトマークグループが一体となって目標を掲げ、諸課題に果敢に取り組んでいく必要性を認識し、全宅連不動産総合研究所にビジョン策定検討会を設け、取りまとめたもの。25年の長期目標実現に向けた第2期中期計画(ハトマークグループビジョン2020)を現在策定中。   (続く)

  • 今週のことば 債権法(1面) 今週のことば

    債権は特定の人に対して財産上の行為を請求することができる権利。この権利に応える義務を債務という。こうした債権債務関係に関する民法の規定が債権法。民法制定以来の社会・経済の変化への対応を (続く)

  • 今週のことば 根保証(1面) 今週のことば

    継続的な取引関係から生ずる不特定・多数の債務のためにする保証。債務者が現在保有する債務、および将来保有する債務のすべてについて保証する約束を意味する。建物賃貸借における保証も根保証とな (続く)

  • 今週のことば FRK既存住宅流通推計量(7面) 今週のことば

    法人・個人を問わず、売買により所有権移転が行われた所有権移転登記個数を、住宅・土地統計調査(総務省)をベースに推計された住宅ストック戸数と、固定資産の価格等の概要調書(同省)による非住宅ストック戸数で按分することで求められる。 (続く)

  • 今週のことば DIY型賃貸借(1面) 今週のことば

    工事費用の負担者が誰かにかかわらず、借主の意向を反映して住宅の改修を行うことができる賃貸借契約やその物件のこと。特に借主が負担する場合、借主負担DIY型といい、借り主自らが改修等を行うことに加え、専門事業者に依頼して好みのリフォームを行うことなどを含む。 (続く)

  • 今週のことば 考査(1面) 今週のことば

    日本銀行が、取引先金融機関等の業務・財産の状況を把握することを目的として、取引先との契約に基づいて行う立入調査のこと。経営実態の把握に加えて、リスク管理体制を点検し、必要に応じてそれらの改善を促すことを通じて、金融システムの安定性の確保に貢献している。 (続く)

  • 今週のことば インテグレーション(1面) 今週のことば

    そもそもは、集積、統合といった意味。ICTの分野では、コンピュータやソフトウェア、ネットワークなどを組み合 (続く)

  • 今週のことば サブリース(1面) 今週のことば

    いわゆる又貸し、転貸のこと。不動産会社が貸主から賃貸物件を一括で借り上げ、入居者に (続く)

  • 今週のことば インターンシップ(1面) 今週のことば

    特定の職業経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間。仕事を体験する機会を提供することによる社会貢献や社内の活性化という目的があるが、実際には学生を囲い込むためのものもあり、また、就職先の候補 (続く)

  • 今週のことば 不動産鑑定評価基準(1面) 今週のことば

    不動産の鑑定評価を行う不動産鑑定士などが不動産鑑定評価を行う際のよりどころとなる統一的な基準。不動産の鑑定評価に関する法律に基いて策定された。以来、改正を繰り返している。総論は9章、各論は3章から構成されており、鑑定評価の方法や手順などが記載されている。 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています