お知らせ
住宅新報社の登録実務講習

今週のことば記事一覧

  • 今週のことば 住宅確保要配慮者(2面) 今週のことば

    低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子どもを育成する家庭その他住宅の確保に特に配慮を要する者のこと。住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律に規定されており、それらの人が安心して暮らせる住まいの確保に向けて居住支援の充実が求められる。 (続く)

  • 今週のことば クラウドファンディング(3面) 今週のことば

    群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語。起業家が製品やサービスの開発などの目的のために、インターネットを通 (続く)

  • 今週のことば インスペクション(2面) 今週のことば

    住宅の設計・施工に詳しい専門家が、既存住宅の劣化状況や欠陥の有無などを調査・診断すること。宅地建物取引業法の改正により、18年4月1日から宅建業者に対して、既存建物の取引の際に、インスペクションの説明などが義務付けられることとなった。 (続く)

  • 今週のことば Jリート(3面) 今週のことば

    複数の投資家から集めた資金で、マンションやオフィスビルなどの不動産を購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する仕組みとなっている商品。アメリカで生まれ、「RealEstateInvestmentTrust」の略でREIT。これにJapanのJをつけて「Jリート」という。 (続く)

  • 今週のことば パッシブデザイン(5面) 今週のことば

    太陽光など自然エネルギーを利用して、快適な住環境の創造を図ろうとする設計手法。エアコンなどといった機械設備に頼ることなく、プランの工夫によって通風、排熱、集熱などを行う。開口部にツル性植物を這わせる「緑のカーテン」は代表例の一つ。 (続く)

  • 今週のことば フラット35「保証型」(5面) 今週のことば

    通常のフラット35は、住宅金融支援機構が金融機関から住宅ローンを買い取り、同機構が証券化し投資家に販売。保証型は金融機関が証券化までして投資家に販売し、同機構が保証するもの。保証型は証券化のノウハウが必要。10月3日時点で新規取り扱い金融機関は2機関しかない。 (続く)

  • 今週のことば 第三者管理方式(5面) 今週のことば

    区分所有者以外の専門家を管理者に選任する方式。多くのマンションでは、集会で区分所有者の中から複数の役員を選任し、その役員で理事会を構成。 (続く)

  • 今週のことば おとり広告(7面) 今週のことば

    (1)物件が存在しないため、実際には取引することができない物件に関する表示、(2)物件は存在するが、実際には取引の対象となり得ない物件に関する表示、(3)物件は存在するが、実際には取引する意思がない物件に関する表示をいう。不当表示の中でも最も悪質なものとされている。   (続く)

  • 今週のことば 特区民泊(2面) 今週のことば

    国家戦略特区内で認められている民泊事業。通常であれば旅館業法の許可が必要だが、特区内であればそれを得ずに営業できる。条 (続く)

  • 今週のことば 再開発プランナー(5面) 今週のことば

    再開発コーディネーター協会が毎年1回行う再開発プランナー試験に合格し、登録を行った人に与えられる専門技術者としての称号。事業計画(資金計画)、権利変換計画をはじめ、都市再開発事業の企画、調整などに係る一定の知識及び技術を備えた専門家。 (続く)

  • 今週のことば 国家戦略特区(1面) 今週のことば

    大都市などで規制緩和や税制優遇を行い、新たな事業の創生を試みる対象地域のことを指す。いわゆるアベノミクスの「第三の矢」と位置づけられる成長戦略の柱の一つとして13年に創設された。ビジネスしやすい環境をつくり、国際競争力を培うのが狙い。 (続く)

  • 今週のことば PRE(2面) 今週のことば

    地方公共団体等が保有している公的不動産(PublicRealEstate)のこと。その有用な管理や活用が着目されはじめたことから、この用語が生まれた。地方財政の活性化に向け、未活用 (続く)

  • 今週のことば ZEH(5面) 今週のことば

    NetZeroEnergyHouse(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。「ゼッチ」と呼ぶ。「住宅の高断熱化や高効率設備による省エネ、太陽光発電などによる創エネ (続く)

  • 今週のことば PFI事業(5面) 今週のことば

    公共事業の手法で、公共施工等の設計、建設、維持管理及び運営に、民間の資金とノウハウを活用するもの。民間主導により、効率的かつ効果的なサービスの提供を図る。官民連携のサービス提供を行うPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)の一つ。 (続く)

  • 今週のことば 都市農業振興基本計画(1面) 今週のことば

    15年4月に議員立法で制定された都市農業振興基本法を踏まえたもの。市街化区域外の農地とのバランスに配慮しつつ土地利用規制などの措置を検討する指針となる。都市農地振興に関する新たな施策の (続く)

  • 今週のことば 基準地価(1面) 今週のことば

    国土利用計画法に基づき、土地取引の審査基準価格として設定されたもの。各都道府県が毎年1回公表する。知事が不動産鑑定士の鑑定評価を求め、毎年7月1日に現在の標準地価を判定し、9月中旬に公表。住宅地、商業地 (続く)

  • 今週のことば CCRC(3面) 今週のことば

    ContinuingCareRetirementCommunityの略。米国発祥で、高齢者が元 (続く)

  • 今週のことば 不動産鑑定評価制度 今週のことば

    土地・建物等の適正な価格形成に役立てることを目的とした制度。不動産鑑定士が不動産鑑定評価基準に則って行う。民間からの依頼は不動産の売買・証券化や融資時の担保評価など、公共からの依 (続く)

  • 今週のことば 小規模不動産特定共同事業(仮称) 今週のことば

    国土交通省が創設を予定する、小口の投資を集めた空き家再生などのための新しい制度。来年の通常国会への法案提出を目指している、改正不動産特定共同事業法に位置づける見込み。出資総額1億円以下等、一定規模以下とする方向。 関連記事:&nbs (続く)

  • 今週のことば 財政投融資 今週のことば

    財政政策の一手段。財投債(国債)の発行などにより、国 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています