お知らせ
公認不動産コンサルティングマスターを目指そう!公益財団法人 不動産流通推進センター

大言小語記事一覧

  • 大言小語 地域の活性化を 大言小語

    「ローカル・ファースト」と言うと、またか、と思われるかもしれない。しかし、地域の活性化こそが、これからの日本の生き残る道だ、なんて言うとおおげさに聞こえるだろうか。 ▼地域の活性化に、最も貢献で (続く)

  • 大言小語 声を届けて 大言小語

    人はペラペラしゃべるよりも寡黙なほうが良いと聞く。沈黙は金ということわざもあり、英語でも、訳すと「雄弁は銀、沈黙は金」という言葉があるそうだ。しかし (続く)

  • 大言小語 乗ったら「つかまる」 大言小語

    東京と大阪で違うもの。いつも戸惑うのがエスカレーターの乗り方だ。 (続く)

  • 大言小語 〝本も人なり〟 大言小語

    105年の命を生きた聖路加病院名誉院長の日野原重明氏が亡くなった。人には必ず死が訪れることを改めて思った。そして、死に方は生き方そのものであることも。 ▼夏休みが始まった。子供たち (続く)

  • 大言小語 身近に潜む危険 大言小語

    自然が悲鳴を上げるかのように、人や人家に襲いかかっている。大地震や噴火、かつてない津波や地割れが起こり、地盤の陥没も各地で多発。人命にかかわるほどの気温上昇や容赦のない豪雨 (続く)

  • 大言小語 豊かなコミュニティに好機 大言小語

    「改正住宅セーフティネット法」施行(10月)に向けた国土交通省による説明会が始まった。空き家対策と連動させていることもあり、業界の注目度は高い。 ▼改正法では高齢者や障害者など住宅確保要配慮者向けに民間の賃貸住宅を登録する制度が設けられた (続く)

  • 大言小語 健康を維持するため 大言小語

    34歳の若さだ。フリーアナウンサーの小 (続く)

  • 大言小語 今、なぜ、自転車か 大言小語

    以前、田舎と呼ばれる郊外で、1年ほど暮らした。そこでは車は一人一台の必需品。誰もが車で移動する。90歳に近い高齢者も含めて。 ▼確 (続く)

  • 大言小語 天才、おそるべし 大言小語

    昨年9月小欄に中学生棋士誕生の話題を載せた。まさに天才棋士であり、将来が嘱望される存在であると。それから10カ月近く経ち、その (続く)

  • 大言小語 着ぐるみのPR大使 大言小語

    「アプレイざるちゃん」と「コンさるくん」。東京都不動産鑑定士協会の公式キャラクターが今年8月から11月にかけて投票が行われる (続く)

  • 大言小語 〝民泊新法〟の波紋 大言小語

    「住宅宿泊事業法案」(民泊新法)が先週、衆議院を通過し、今国会で成立する見込みが強まっている。最大の前提条件は、やはり年間180日の営業日数制限だろう。民泊単独事業では採算が厳しいのではとの見方も出ている。 ▼そこで注目を集めそうなのが、シェアハウスと民泊を混合させた「 (続く)

  • 大言小語 名は体を表す 大言小語

    統合に次ぐ統合で3行の名前が連なった大手都銀の長い行名から、漢字二文字が消えるという。業界再編が続く金融業界で、創業時の名前を残している銀行も相当減ったことだろう。同時に、固いイメージのあった銀行も、今では漢字以外の文字が行名に使われることも珍しくなく (続く)

  • 大言小語 住まいの多様化 大言小語

    近年、住まいの変革が進んでいる。高齢者向け住宅や学生専用、共稼ぎ世帯向け、他人同士が共同で暮ら (続く)

  • 大言小語 不便さも魅力に 大言小語

    ふるさと納税の過熱感から総務省は、還元率を3割程度に抑えるように各自治体に要請した。これまでは5~6割程度の還元率というから、半減程度になりそうだ。 ▼考えてみれば当初、ふるさと納税は、自分の好きなまちを応援しながら、そのまちからお礼の品をもら (続く)

  • 大言小語 独裁者は孤独だ 大言小語

    彼の姿がテレビに映し出されることが頻繁になり、伝えられるのを見聞きするうちに、マイケル・コルレオーネのことを思い出した。外見はまったく似ていないけれども。 ▼マイケルは若い頃、父の仕事を蔑んでいた。父ビトーはマフィアのボス。周りの者からは親しみを込めて「ゴッドファーザー」と呼ばれた。父の死後、マイケルは跡を継ぐ。すると彼は父よりも残忍なボスへと変わってい (続く)

  • 大言小語 言葉を大切に 大言小語

    今村雅弘復興相が辞任した。東日本大震災について、「まだ東北で、あっちでよかっ (続く)

  • 大言小語 人口の割り振り 大言小語

    地方創生の掛け声とは裏腹に東京一極集中が加速していることを図らずも映し出したのが、政府の審議会が示した「衆院小選挙区の新しい区割り案」だ。一票の格差を2倍未満に抑えるため、青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島で1選挙区ずつ減らす「0増6減」とし、全国97選挙区で線引きを見直して区割り変更を行うものだ。 ▼20年の人口を推計して、最も少ない鳥取1区(約27.7万人)を基準に、選挙区の区域を割り振りした苦心の策 (続く)

  • 大言小語 変わらない報酬規定 大言小語

    弁護士も税理士も報酬規程は既に廃止されている。司法書士や不動産鑑定士の報酬も自由である。ところが、宅建業者の媒介報酬は今でも大臣告示に基 (続く)

  • 大言小語 即断、即実行を 大言小語

    築地市場の豊洲への移転問題で揺れ続ける東京都。都民の声も賛否両論があり、落とし所が見えないが、時間を費やす余裕がないのだけは、誰もが認め (続く)

  • 大言小語 企業の色に染まるな 大言小語

    桜の季節になると思い出すのが、中学か高校の教科書に載っていた大岡信氏の「言葉の力」。染色家の志村ふくみさんの仕事場で、きれいな桜色の糸で織った着物を見せてもらう。てっきり桜の花びらで染めたものと思ったら、実は桜の皮から取り出した色だという。あの黒いご (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています