お知らせ
ゼロから宅建士スタートブック

大言小語記事一覧

  • 大言小語 天才、おそるべし 大言小語

    昨年9月小欄に中学生棋士誕生の話題を載せた。まさに天才棋士であり、将来が嘱望される存在であると。それから10カ月近く経ち、その (続く)

  • 大言小語 着ぐるみのPR大使 大言小語

    「アプレイざるちゃん」と「コンさるくん」。東京都不動産鑑定士協会の公式キャラクターが今年8月から11月にかけて投票が行われる (続く)

  • 大言小語 〝民泊新法〟の波紋 大言小語

    「住宅宿泊事業法案」(民泊新法)が先週、衆議院を通過し、今国会で成立する見込みが強まっている。最大の前提条件は、やはり年間180日の営業日数制限だろう。民泊単独事業では採算が厳しいのではとの見方も出ている。 ▼そこで注目を集めそうなのが、シェアハウスと民泊を混合させた「 (続く)

  • 大言小語 名は体を表す 大言小語

    統合に次ぐ統合で3行の名前が連なった大手都銀の長い行名から、漢字二文字が消えるという。業界再編が続く金融業界で、創業時の名前を残している銀行も相当減ったことだろう。同時に、固いイメージのあった銀行も、今では漢字以外の文字が行名に使われることも珍しくなく (続く)

  • 大言小語 住まいの多様化 大言小語

    近年、住まいの変革が進んでいる。高齢者向け住宅や学生専用、共稼ぎ世帯向け、他人同士が共同で暮ら (続く)

  • 大言小語 不便さも魅力に 大言小語

    ふるさと納税の過熱感から総務省は、還元率を3割程度に抑えるように各自治体に要請した。これまでは5~6割程度の還元率というから、半減程度になりそうだ。 ▼考えてみれば当初、ふるさと納税は、自分の好きなまちを応援しながら、そのまちからお礼の品をもら (続く)

  • 大言小語 独裁者は孤独だ 大言小語

    彼の姿がテレビに映し出されることが頻繁になり、伝えられるのを見聞きするうちに、マイケル・コルレオーネのことを思い出した。外見はまったく似ていないけれども。 ▼マイケルは若い頃、父の仕事を蔑んでいた。父ビトーはマフィアのボス。周りの者からは親しみを込めて「ゴッドファーザー」と呼ばれた。父の死後、マイケルは跡を継ぐ。すると彼は父よりも残忍なボスへと変わってい (続く)

  • 大言小語 言葉を大切に 大言小語

    今村雅弘復興相が辞任した。東日本大震災について、「まだ東北で、あっちでよかっ (続く)

  • 大言小語 人口の割り振り 大言小語

    地方創生の掛け声とは裏腹に東京一極集中が加速していることを図らずも映し出したのが、政府の審議会が示した「衆院小選挙区の新しい区割り案」だ。一票の格差を2倍未満に抑えるため、青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島で1選挙区ずつ減らす「0増6減」とし、全国97選挙区で線引きを見直して区割り変更を行うものだ。 ▼20年の人口を推計して、最も少ない鳥取1区(約27.7万人)を基準に、選挙区の区域を割り振りした苦心の策 (続く)

  • 大言小語 変わらない報酬規定 大言小語

    弁護士も税理士も報酬規程は既に廃止されている。司法書士や不動産鑑定士の報酬も自由である。ところが、宅建業者の媒介報酬は今でも大臣告示に基 (続く)

  • 大言小語 即断、即実行を 大言小語

    築地市場の豊洲への移転問題で揺れ続ける東京都。都民の声も賛否両論があり、落とし所が見えないが、時間を費やす余裕がないのだけは、誰もが認め (続く)

  • 大言小語 企業の色に染まるな 大言小語

    桜の季節になると思い出すのが、中学か高校の教科書に載っていた大岡信氏の「言葉の力」。染色家の志村ふくみさんの仕事場で、きれいな桜色の糸で織った着物を見せてもらう。てっきり桜の花びらで染めたものと思ったら、実は桜の皮から取り出した色だという。あの黒いご (続く)

  • 大言小語 不動産業のおもてなし 大言小語

    先日、街中で「エクスキューズミー」と声を掛けられた。道に迷った欧米の外国人だった。これが逆に日本人が海外に、特に英語圏へ行けば、中学英語や英会話集などで「 (続く)

  • 大言小語 キューバの恋人 大言小語

    キューバに赴いたのは6年前の夏。知人には「フィデロに会いに行く」と、大口をたたいたが、会え (続く)

  • 大言小語 震災の教訓 大言小語

    未使用のまま2年間の賞味期限を迎えようとしているミネラルウォーターが我が家には約50リットルある。賞味期限が来るのは今回で3回目。あの日から6年が経過した。2リットル6本入りの箱は様々な防災訓練に参加する度、2箱から3箱、4箱に増えた。入れ替えのため日常的に利用しているが、なかな (続く)

  • 大言小語 疑問に答えるべき 大言小語

    大阪・豊中市の土地は国有地で不動産鑑定士の鑑定評価額は9億5600万円だったが、8億円を超える額が差し引かれ1億3400万円で学校法人森友学園が入手した。8億円はゴミ撤去費用だというが、ヒ素やシアン化合物などがあるわけではなく、生活ゴミなどだという。近隣地は豊中市に14億2300万円で売却されている。10分の1で土地を手に入れることができた状況は極めて分かりにくい。 ▼私立小学校の名誉校長に総理大臣夫人の安倍昭 (続く)

  • 大言小語 プレミアムフライデー 大言小語

    個人消費を拡大して景気を立て直そうという狙いは分からないでもないが、企業活動や国民の暮らし、消費行動を十分理解した上でのものかどうか。経済産業省と経済団体の肝いりで2月24日に1回目が実施された「プレミアムフライデー」。かつての「花金」とは違って国の肝いりで、実質世帯所得は真逆の右肩下がり。将来不安もあって財布の紐は固い。多くの国民からはかなり的外れなものに映る。 ▼月末の金曜日午後3時に仕事を (続く)

  • 大言小語 8万時間の衝撃 大言小語

    ノンフィクション作家の加藤仁著『定年後―豊かに生きるための知恵』(岩波新書)によれば、現役(20~60歳)時代の総労働時間と、定年後(80歳まで)の総余暇時間はどちらも約8万時間だという。もし90歳まで生きた場合は更に4万時間が加わることになる。 ▼人生はなんと壮大な時間だろう。現役時代は、「その後の人生を有意義に生きるための準備期間」と称する人もいる。あるいは、定年後は「人生をやり直すためにある」と考えても面白い。大事なことは、8万時間を費やしてでも成し遂げたい大きな目標をもつことであろう。 ▼近年 (続く)

  • 大言小語 貿易摩擦が再燃 大言小語

    80年代後半、日本から米国への自動車の輸出攻勢によって、日米間に貿易摩擦が生じた。米国の自動車大手メーカーの本拠地であるデトロイトでは当時、日本車をハンマーでたたき壊したり、火をつけたりする労働者の蛮行がテレビにも映し出された。 ▼以 (続く)

  • 大言小語 プレミアムってなに? 大言小語

    今月24日から経産省や経団連が旗振り役のキャンペーン「プレミアムフライデー」が始まる。月末の金曜日、午後3時には仕事を終えて、食事や買い物、旅行に出かけてもらおうという企画だ。個人消費を盛り上げることが狙いらしい。 ▼それと併せて長時間労働の是正 (続く)

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています