お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

2018年3月15日ニュース記事一覧

  • 神戸「旧ファミリアホール」復元マンション、17日モデルルーム開業 マンション・開発・経営

    三菱地所レジデンス、JR西日本不動産開発、三菱倉庫、安田不動産の4社が兵庫県神戸市で進めている、「旧ファミリアホール」保存・復元タワーマンションプロジェクト「ザ・パークハウス神戸タワー」のモデルルームが、3月17日にオープンする。 同ホールは1900(明治33)年に旧三菱合資会社神戸支店として建てられ、同市の景観形成重要建築物に指定されている建築物。同プロジェクトではこの建物の一部を保存し、その跡地に建築する地上33階建てのタワーマンションの基壇部外壁などに復元するというもの。4月上旬から販売を開始し、来年11月下旬の竣工を予定している。 (続く)

  • 首都圏2月、分譲マンション賃料は平米当たり2763円 東京カンテイ調べ 賃貸・地域・鑑定

    東京カンテイ(https://www.kantei.ne.jp/)がまとめた2月の首都圏分譲マンション賃料は、主要エリアで上昇傾向が続いたため、前月比0.8%プラスの2763円/平方メートルで6カ月連続のプラスとなった。都県別では、東京都で同1.1%プラスの3343円/平方メートルと、17年10月以来の上昇傾向を維持。また、築浅事例が増加した神奈川県(2.8%プラス、2196円/平方メートル)では大幅上昇、埼玉県(0.4%プラス、1608円/平方メートル)でも前月に続き上昇した。 (続く)

  • 17年のホテル取引件数は前年比11%減 JLL調べ 総合

    JLLのホテル資産取引に関する調査によると、17年通年の取引ホテル数は56件、16年と比較すると11%減少。取引額も約3990億円となり、前年を13%下回った。 日本における商業用不動産(ホテル含む)の17年通年取引額が前年比13%増を見せたにもかかわらず、ホテル資産の (続く)

  • スーモ住みたい街2018関西版、1位は「西宮北口」 各年代が高評価 賃貸・地域・鑑定

    リクルート住まいカンパニー(東京都港区)が実施した「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018関西版」によると、総合1位は「西宮北口(阪急神戸線)」、2位「梅田(地下鉄御堂筋線)」、3位「神戸三宮(阪急神戸線)」となった。1位の西宮北口は20代、30代、40代の各年代で1位となり、世代ごとの評価に隔たりがない点が特徴。商業施設や交通利便性、行政の市民サービスを評価する回答が目立った。 調査は、関西圏(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)に居住している20~49歳の男女4600人を対象にインターネットで実施。   (続く)

  • 6~9月開催の賃貸不動産経営管理士講習の受付開始 管理士協 賃貸・管理

    賃貸不動産経営管理士協議会(管理士協)は、18年度賃貸不動産経営管理士講習の申し込みを管理士協ホームページで開始した。同年6月から9月にかけて全2日間の日程で全国22地域32会場で実施する。受講料は1万7820円(税込)。公式テキストを教材に賃貸管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力の向上を図る。各会場とも定員に達し次第に申し込みを (続く)

現在、検索結果に3ヶ月前のニュースは表示されません

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています